コラム

神奈川県に住む外国人労働者の特徴

この記事では、神奈川県に住む外国人労働者の特徴とその動向に焦点を当てて詳しく紹介していきます。外国人が神奈川を選ぶ理由やその背景にある要因、さらには神奈川県における外国人労働者の国籍や産業別の分布などについて解説しています。外国人労働者の増加による社会的影響や地域経済への影響にも触れながら、神奈川での外国人労働者の重要性や今後の展望について考察していきます。

外国人に神奈川県が人気な理由

神奈川県に住む在留外国人の数は、東京都、愛知県、大阪府についで第4位で237,450人(令和4年6月末現在)となっています。また、外国人観光客の観光地としても鎌倉や横浜赤レンガ倉庫、新横浜ラーメン博物館などはとても人気のスポットです。ここからは、外国人に神奈川県が人気な主な理由を紹介していきます。

住みやすさと受け入れ文化

神奈川県は外国人にとって住みやすい環境を提供しています。県の取り組みや政策により、外国人を歓迎し、受け入れる文化が根付いています。外国人が安心して暮らせる環境づくりに取り組んでおり、国際化に対するポジティブな姿勢が外国人の人気を高めています。

経済的機会とビジネス環境

神奈川県は東京都に隣接しており、経済的にも非常に活発な地域です。多くの企業が本社や支社を構えており、ビジネスの機会が豊富です。外国人にとっては、就業や起業の機会が広がっています。

文化的魅力と観光地

神奈川県には日本の伝統と現代文化が融合した魅力的な観光地が多くあります。横浜や鎌倉、箱根などの観光スポットは外国人に人気があり、日本の歴史や文化を体験することができます。

国際化と教育機関

神奈川県には多くの大学や研究機関があり、国際的な学習環境が整っています。国際学生や研究者が多く集まり、異文化交流の機会が豊富です。これらの教育機関は、外国人にとって魅力的な学びの場となっています。

直近の神奈川県の外国人労働者の傾向

神奈川県における最新の外国人労働者動向を、外国人雇用状況の届出制度に基づく令和5年10月末時点の統計によれば、神奈川県内で外国人を雇用する事業所は20,884か所で、外国人労働者数は119,466人に上ります。これは前年比で1,381か所、13,493人の増加を示し、事業所数では7.1%、外国人労働者数では12.7%の増加率を記録しています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和5年 10 月末時点) |神奈川労働局

産業別に分析すると、製造業が最も多くの外国人労働者を雇用しており、全体の24.1%を占めています。また、建設業や医療・福祉分野でも顕著な増加が見られます。

さらに、労働者派遣・請負事業を行っている事業所数は1,558か所で、これらの事業所で就労する外国人労働者数は20,398人です。これらの数字はそれぞれ、事業所全体の7.5%、外国人労働者数全体の17.1%を占めています。前年比では、派遣・請負事業を行っている事業所数が3.3%、外国人労働者数が9.4%増加しています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和5年 10 月末時点) |神奈川労働局

総じて、神奈川県における外国人労働者数は増加傾向にあり、特に製造業や建設業、医療・福祉分野での需要が高まっていることがわかります。

(参考)外国人雇用状況報告結果(令和5年10月末時点) _神奈川労働局

【国籍別】神奈川県の外国人労働者の特徴

国籍別にみると、中国が最多であり、27,803人が報告されています。これは全体の23.3%を占め、ベトナムが20.6%、フィリピンが12.5%で続いています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和5年 10 月末時点) |神奈川労働局

国籍別の分析をしてみると、中国、ベトナム、フィリピンが特に多くの労働者を提供していることが明らかです。中国からの労働者が最も多く、これは日中間の経済関係の強化や中国からの技能実習生の需要の高まりによるものと考えられます。一方で、ベトナムやフィリピンからの労働者も多く、これは技能実習プログラムへの参加や製造業などでの需要によるものと考えられます。

【在留資格別】神奈川県の外国人労働者の特徴

在留資格別にみると、「身分に基づく在留資格」が最も多く、47,021人が該当しています。これは全体の39.4%を占め、次いで「専門的・技術的分野の在留資格」が29.9%を占め、35,763人が該当しています。また、「技能実習」の数は16,557人で、13.9%を占めています。前年比では、「技能実習」が25.5%増加しました。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和5年 10 月末時点) |神奈川労働局

在留資格別の分析をしてみると、「身分に基づく在留資格」が最も多く、これは永住者や配偶者など、永続的な在留資格を持つ労働者が多いことを示しています。一方で、「専門的・技術的分野の在留資格」や「技能実習」の労働者数も増加しており、これは技術や専門知識を持つ外国人労働者の需要が高まっていることを反映しています。

【産業別】神奈川県の外国人雇用事業所の特徴

神奈川県における外国人雇用事業所の産業別構成では、卸売業・小売業が20.1%で最も多く、次いで建設業が17.9%、宿泊業・飲食サービス業が16.5%、製造業が13.1%を占めています。産業別の前年比増加率を見ると、建設業が10.7%で最も高く、卸売業・小売業が7.9%、宿泊業・飲食サービス業が7.3%となっています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和5年 10 月末時点) |神奈川労働局

産業別の分析からは、小売業や建設業、宿泊業・飲食サービス業などが外国人労働者の需要が高いことが浮かび上がります。これは神奈川県の経済成長と関連しており、特に建設業の成長が目立ちます。

【事業所規模別】神奈川県の外国人雇用事業所の特徴

事業所規模別の分析では、「30人未満」規模の事業所が全体の61.1%を占め、最も多いことが明らかです。事業所数は全ての規模で増加しており、「30人未満」規模の事業所が前年比で7.2%増加し、最も高い増加率を示しています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和5年 10 月末時点) |神奈川労働局

事業所規模別の分析では、小規模事業所での外国人労働者の増加が顕著です。これは、中小企業や地域の小規模事業所が外国人労働者を積極的に採用し、労働力不足や技能不足を補填していることを示唆しています。

まとめ

外国人が神奈川県を選ぶ理由は、まず住みやすさと受け入れ文化があります。県の積極的な取り組みと政策により、外国人が安心して暮らせる環境が整えられています。また、経済的機会やビジネス環境も魅力的であり、多くの企業が本社や支社を構えており、ビジネスの機会が豊富です。

さらに、神奈川県は日本の伝統と現代文化が融合した魅力的な観光地が多くあります。横浜や鎌倉、箱根などの観光スポットは外国人に人気があり、日本の歴史や文化を体験することができます。また、多くの大学や研究機関があり、国際的な学習環境が整っています。

最新のデータからは、神奈川県の外国人労働者数が増加傾向にあり、特に製造業や建設業、医療・福祉分野での需要が高まっていることがわかりました。国籍や在留資格別の分析からも、各国の労働者の特徴やニーズが異なることが明らかになっています。

総じて、神奈川県は外国人にとって住みやすい環境や豊富なビジネス機会、魅力的な観光地があることから人気があり、県の国際化に対する積極的な取り組みが、外国人労働者の増加にもつながっています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP