ニュース

外国人スピーチコンテストが東広島市で開催

2023年11月12日、東広島市で、留学生や技能実習生などの外国人が、日本語で日常生活での経験や感じたことを発表するスピーチコンテスト(「第20回東広島市外国人日本語スピーチコンテスト」)が行われました。

このコンテストは、国際理解を促進するために、東広島市国際化推進協議会などが毎年開催しており、今回が20回目の記念すべき年で、7か国から合計12人が日本語でスピーチを披露しました。

ネパール出身の日本語学校生、サル・ミナクシさんは、アルバイト先での経験を共有し、最初は日本語を理解できずに仕事が難しかったが、メモを取ったり積極的に質問をしたりして諦めずに努力した結果、今では日本人のスタッフから「とっても助かるよ」と評価されていることをスピーチしました。

最優秀賞を受賞した劉一明さんは、広島大学の留学生で、2023年9月に中国から来日しました。彼は、日本の小説の主人公から逆境に立ち向かう勇気と一歩を踏み出す力を得たと述べ、「日本で活躍するという新たな夢に向かって走っていきたいです」と情熱的に語りました。

会場には、関係者や市民など約100人が訪れ、各スピーチに大きな拍手を送りました。70代の女性は、発表を聞いて、「異国で頑張って人生を切り開くエネルギーがすごいなと思います」と感想を述べました。

(参考)外国人のスピーチコンテスト|NHK 広島のニュース

YOLO総研 編集部 ピロ

様々な企業や団体、地方自治体がこのような外国人による日本語のスピーチコンテストを行っていますが、このような取り組みが外国人と共に暮らす日本人の住民にも知っていただき、共存できる街づくりができると良いですね!

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP