ニュース

『ゼイチョ-』第5話で描かれた外国人労働者の税金トラブル

日本テレビ系列で放送された、菊池風磨主演のドラマ『ゼイチョー〜「払えない」にはワケがある〜』の第5話が、11日に放送されました。。このエピソードでは、市役所納税課で働く饗庭蒼一郎(菊池風磨)が、新人の百目鬼華子(山田杏奈)と協力して税金滞納者と向き合うストーリーが展開されました。

饗庭は、同じ職場の先輩である加茂原(鈴木もぐら)と親しくなったベトナム人のグエン(葵揚)を支援しようとします。グエンは2年前に特定技能ビザで来日し、国民健康保険税の納め方が分からずに滞納していました。

翌日、グエンは第三係の窓口に現れ、納付に関する相談をしましたが、驚くことに、彼は国保税だけでなく住民税も納めていなかったことが判明します。饗庭と華子が納付の方法を説明すると、グエンは突然、住民税は給料から天引きされる契約だと主張しますが、実際には納められた記録が存在しないのです。

饗庭と華子はグエンの働く「いくしま農園」を訪れ、農園の代表である生嶋妙子(大島さと子)と話します。生嶋は元々夫婦で農園を経営していましたが、夫が2年前に亡くなった後は外国人労働者を雇って経営していました。

饗庭が事情を説明すると、生嶋は住民税はグエン自身で支払う契約であり、給与天引きは行っていないと説明します。契約書にはグエンの署名があり、饗庭たちはグエンの誤解を解決しようと努力します。

しかし、同様の状況にあるベトナム人女性のチュン(演じるのはジョ-ジアナ)も住民税が未納であることを告白し、事態は複雑化します。

放送後、視聴者からは、饗庭蒼一郎を演じた菊池風磨のアドリブやキャラクターの魅力についてのコメントが多く寄せられました。また、外国人労働者の税金に関するストーリーに対して、「今の日本の問題がリアルに描かれており、考えさせられるドラマだ」といった感想もSNS上で共有されました。

(参考)「ゼイチョ-」外国人労働者の税金に関する話に反響  「今の日本の闇が描かれていて勉強になるドラマ」 | Daily News | Billboard JAPAN

YOLO総研 編集部 ピロ

このエピソードは、外国人労働者の税金トラブルを通じて日本の現実的な問題をリアルに描いており、視聴者に深い考察を促す興味深い内容でした。日本人の外国人労働者への理解と協力の大切さを再確認する良い機会となったのではないでしょうか?

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP