コラム

外国人の賃貸契約(マンション・アパート)が難しい理由や原因、対策について解説

外国人が日本で働く上で頭を悩ませる問題の一つが、賃貸マンションやアパート探しです。日本では賃貸物件の契約を交わす上でいくつかの条件が設けられています。言葉のやり取りなど日本人にとっては当たり前のことでも、外国人にはハードルが高い条件も少なくありません。事前に下調べをして準備を整えておくことが、スムーズな契約に繋がります。

新規CTA

外国人の賃貸契約(マンション・アパート)が難しい理由や原因

まずは、外国人が日本の賃貸物件(マンションやアパート)を借りることが難しい理由や原因をいくつか紹介します。

日本語でのコミュニケーション

外国人の賃貸契約で最も大きな問題は、日本語でのコミュニケーションの難しさです。多くの不動産業者は、日本語以外の言語に堪能なスタッフを配置していないため、外国人の日本語でのコミュニケーション能力が低い場合は、より一層、契約しづらくなることがあります。

通訳ツールを活用したり、翻訳ができる人を仲介に立てたりすることが一つの解決方法です。また、外国人向けの居住支援法人を活用することも検討してみてください。

連帯保証人がいない

通常、日本で賃貸物件を借りる際、連帯保証人が必要な場合が多いですが、外国人の場合、家族や親戚、友人が母国にいることが多く、連帯保証人を見つけるのはとても困難です。

会社の関係者や居住支援法人に連帯保証人を紹介してもらえるかどうか確認することが一つの解決方法です。

支払い能力の証明

求職活動中や離職中の外国人の場合、支払い能力を証明するのが難しいこともあります。場合もあります。仕事がまだ見つかっていない場合や、所得証明が難しいケースがあります。

契約時には、雇用契約書や給与明細を提出することで、支払い能力を証明することができます。しっかりと準備しておきましょう。

近隣トラブルが発生するリスク

外国人との賃貸契約は、文化やマナーの違いからトラブルのリスクが高いと見なされることがあります。過去にトラブルが発生したり、不法滞在者が居住していた経験から、大家や不動産業者が慎重になることがあります。これを解決するためには、契約時にトラブルの事例を説明し、ルールを明確にすることが大切です。

非常時や帰国時の対応

外国人との賃貸契約は、非常時や帰国時の対応が難しいこともあります。緊急帰国や長期の帰国の場合、物件は一時的に空き家となることがあり、家賃支払いや防犯対策などの問題が生じる可能性があります。外国人が滞在できる期間に合わせた賃貸契約を選ぶか、外国人向けの社宅サービスを検討することで、この問題を解決できます。

外国人が日本の賃貸物件を借りるのは、いくつかの課題があるため難しいことがあります。しかし、これらの課題に対処する適切な対策を講じることで、外国人の賃貸契約がスムーズに進む可能性が高まります。

新規CTA

よくある外国人入居者のトラブルや問題

外国人入居者のトラブルや問題は、さまざまな要因によって引き起こされます。ここからは、代表的な外国人入居者のトラブルや問題を紹介していきます。

ただし、ここで紹介するトラブルや問題は、すべての外国人に当てはまるということではないことをご留意ください。

騒音問題

外国人と日本人の文化や生活習慣の違いが、騒音問題の主な原因です。例えば、日本の家屋は壁が薄く、音が漏れやすいため、海外から来た入居者が日常生活で発する音や時差のある母国との電話が、近隣住民に迷惑をかけることがあります。

また、外国ではホームパーティーをする文化があるため、大勢で集まって騒音を立てることがあります。これが周囲に迷惑をかけ、トラブルに発展することもあります。

ゴミの分別問題

日本のゴミの分別ルールは複雑であり、国によっても異なるため、外国人入居者にとって混乱を招くことがあります。また、ゴミの分別ルールを理解していないため、誤った方法でゴミを処理してしまうことがあります。これが周囲に悪臭や害虫を招き、トラブルにつながることがあります。

多人数同居の問題

ワンルームに複数人で住むなど、本来一人で暮らすべき物件での多人数同居が問題となります。契約者が一人だったのに、気付いたら複数人が住んでいたり、友人や同僚などを住まわせることがあります。これが契約違反となり、大家さんや管理会社にトラブルを引き起こすことがあります。

無断解約の問題

外国人入居者が退去の連絡なしに物件を去る無断解約は、大家さんや管理会社にとって負担となります。日本では、解約予告や原状回復が必要ですが、外国人入居者がこれらの手続きを怠ることがあります。残置物の処分や家賃の回収が滞ることがあり、トラブルに発展します。

外国人が戸惑う日本独自の賃貸ルール

外国人が日本で賃貸物件を契約する際に、さまざまな日本独自のルールや概念に戸惑うことがあります。ここからは、外国人が戸惑う日本独自の賃貸ルールの代表例をいくつか紹介してきます。

礼金

日本の賃貸物件制度において、入居者が物件オーナーや不動産会社に支払う謝礼金として「礼金」があります。しかし、多くの外国人にとっては、この礼金の概念は理解しづらいものです。海外では契約金の支払いで十分であり、なぜさらに謝礼金が必要なのか疑問に感じることがあります。礼金が必要ない物件や、マンスリーマンションなどの選択肢を提供することが解決策となります。

駐車場の賃料

日本の賃貸物件では、マンションやアパートに付随する駐車場にも賃料が発生することがあります。しかし、外国では駐車場代が発生するケースが少ないため、日本の駐車場制度に戸惑うことがあります。また、駐車場のスペースや料金設定についても、外国人入居者が理解しにくい場合があります。自家用車を保有する予定がある場合には、事前に確認することが重要です。

賃貸の更新料

日本の賃貸契約では、契約期間を更新する際に、家賃と同額程度の「更新料」が発生することがあります。この更新料の概念は、外国人にとっては馴染みがなく理解しづらいものです。特に、更新料が家賃に組み込まれているタイプの物件や、更新料を当事者が負担する場合には、丁寧な説明が必要です。

保証人制度

日本の賃貸契約では、契約時に保証人が必要となることがあります。しかし、外国人にとっては保証人制度の概念が馴染みが薄く、保証人の選定や書類の手配に難しさを感じることがあります。特に、来日して間もない外国人が個人で保証人を見つけることは難しい場合があります。外国人を雇用する企業などは、外国人対応の賃貸保証会社を事前に選定し、契約可能な会社を用意することが重要です。

新規CTA

外国人が賃貸契約(マンション・アパート)する際のポイント

外国人が賃貸契約(マンション・アパート)する際の3つのポイントを紹介していきます。

①外国人の日本語の会話レベル

外国人が日本の賃貸アパートを契約する時に、不動産会社から確認される重要なチェックポイントの一つに、日本語での会話レベルがあります。契約後に生活を始めてから、他の入居者とトラブルが起きた時に日本語が喋れなければ問題を解決できません。実際に、意思の疎通が取れないことで別の問題が生じて警察が介入する羽目になったという事例もあります。そのほかにも、建物の管理のために定期的に行う清掃や設備の点検などの告知も日本語の書面で送られてくるので読めなければ対応できません。

賃貸アパートは個人が建物を管理しているケースが多く、仲介の立場にある不動産会社は事前に入居者の人となりを見極めることも大事な役割です。契約をする時点で担当者はあえて日本語で話しかけて、やり取りを通して会話レベルをチェックします。とはいえ、ビジネスのようにテンポ良く会話ができる上級レベルまでは求められません。最低限相手が言っていることを理解して正確に答えられる語学力を持っていれば、大半は問題なしと判断されます。

会話と共にチェックされるポイントが読み書きのスキルです。会話はスムーズにできても日本語の読み書きができない外国人も少なくありません。賃貸物件は記載された書類に目を通して、不動産会社や物件のオーナーから提示された内容に納得した上でサインをすることが基本です。内容を理解しないまま適当にサインをしないように、担当者が意図的に契約書を読ませることもあります。ヒアリング、スピーキングだけでなく、リーディングやリスニングスキルも身につけさせなくてはいけません。

②連帯保証人の有無

日本語でのやり取り以外で、外国人の賃貸アパート契約で高いハードルとなるのが連帯保証人の準備です。連帯保証人とは、文字通り賃貸契約を結ぶ人の債務を連帯で補償する立場の人を指します。賃貸契約における債務とは、家賃や管理費、共有設備の破損に伴ってオーナーから請求される修理費などです。物件の契約者が経済的事情で家賃滞納を始めとした金銭トラブルが起きた時に、当事者に代わって費用を支払わなくてはいけません。賃貸契約では、保証人が用意できないと契約を断られることもあります。日本では法律で定められている65歳未満、契約者と同レベルの収入が確保できているといった条件をクリアーできなければ連帯保証人と認められません。条件を満たす人が身近にいないという理由で賃貸を利用できないというケースも多いのが実情です。

連帯保証人無しでもOKの物件も増えていますが、都市部に集中しているため郊外では物件選びの選択肢が限定されてしまいます。仮に見つかっても、敷金や礼金以外に別途費用を請求される、滞納時の即日退去など通常よりも契約条件を厳しく設定されるケースも珍しくありません。保証人の有無がハードルになっているのであれば、直属の上司や会社の代表に依頼するのも一つの手です。三親等以内という条件は設けられていますが、不動産会社によっては例外的に認めてもらえることもあります。

③日本文化を正しく理解させる

賃貸アパートを借りる時に意外と見落としがちなポイントの一つが、日本文化の理解です。室内では靴を脱ぐなど、日本と海外で文化が異なる点もたくさんあります。キッチンや浴室の使い方など、自分の国の文化で生活をしてしまったことで、近隣トラブルに発展する事例も多いのが実情です。家の中で深夜まで大勢で騒ぐなど、自国での常識が日本では非常識というケースは珍しくありません。分譲住宅と違って、賃貸物件はあくまでお金を払ってスペースを借りているだけです。入居の許可は物件を所有するオーナーに権利があるので、退去を命じられて契約を解除されれば住み続けることはできません。決められたルールを守ることは、賃貸アパートを利用する最低限のマナーです。

メディアでの情報を鵜呑みにして、間違った文化の知識で日本に来てしまう外国人もたくさんいます。契約を結ぶ時に会社の上司や経営者が連帯保証人になっている場合、例え従業員個人のトラブルでも会社に影響が出るので注意が必要です。仕事だけでなく、日本文化について正しく理解させることも、従業員を雇っている企業側の役割になります。

新規CTA

まとめ

日本語でのやり取りなど、外国人が賃貸アパートを契約するのは日本人以上にハードルは高めです。物件の契約は個人の問題なので一見すると会社に無関係のように感じられますが、トラブルが起きると雇っている企業にも影響が出ます。スムーズな契約、入居後のトラブルが起きないように必要に応じてサポートすることが重要になります。

外国人採用ならヨロワーク

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

ヨロワークは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP