コラム

千葉県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめ

この記事では、千葉県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめを詳しく紹介していきます。千葉県で外国人雇用をご検討中の企業様は、ぜひご一読ください。

千葉県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめ

ここからは、千葉県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめを詳しく紹介していきます。

令和6年度千葉県介護職種外国人技能実習生日本語学習支援事業補助金

「令和6年度千葉県介護職種外国人技能実習生日本語学習支援事業補助金」は、千葉県内の介護施設等で介護職種の外国人技能実習生を受け入れる法人などに対し、日本語学習に関する経費を補助する制度です。

1. 目的
この補助金の主な目的は、介護技術の国際協力による移転を推進することです。つまり、千葉県の介護施設が外国人技能実習生を受け入れ、彼らが介護技術を学ぶことを支援します。そのためには、日本語の学習が必要不可欠です。この補助金は、介護職種の外国人技能実習生が日本語を学ぶための経費を支援することを目指しています。

2. 補助対象者
この補助金の対象者は、千葉県内の老人福祉法や介護保険法に関連する施設や事業所です。彼らは介護職種の外国人技能実習生を受け入れる実習実施者です。

3. 補助対象期間
補助金の対象期間は、技能実習生の雇用が始まる月から最長で12か月間です。この期間内に日本語学習にかかる経費を補助します。

4. 補助対象経費
補助金は、実習実施者が支払う外国人技能実習生の日本語学習に関連する経費を対象としています。例えば、教材や教育機関への支払いなどが含まれます。

5. 基準額と補助率
基準額は、1人の技能実習生あたり150,000円です。補助率は10%です。つまり、実習実施者が支払った日本語学習の経費の10%が補助されます。

6. 募集期間
事前申込は、雇用開始日または事業開始日の属する月の前月1日までとされています。交付申請は、雇用開始日の属する月の前月15日までです。

7. 提出方法
事前申込書はファックスまたは電子メールで提出し、交付申請書などの書類は郵送、電子メール(押印が不要な場合は電子メール可)、または持参で提出します。

8. お問い合わせ先
お問い合わせは、健康福祉部健康福祉指導課福祉人材確保対策室に行います。電話やファックスで連絡を取ることができます。
(参考)令和6年度千葉県介護職種外国人技能実習生日本語学習支援事業補助金について(募集)/千葉県

雇用調整助成金

「雇用調整助成金」は、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用を維持するための措置(休業、教育訓練、出向)に要した費用を補助する制度です。

1. 助成内容
雇用調整助成金は、事業主が経済的な理由から一時的な雇用調整を行う際に、その調整に要した費用を補助するものです。具体的には、休業手当、教育訓練費用、出向先への給与支払いなどが含まれます。

2. 概要
事業主が経済的理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、従業員の雇用を維持するために一時的な雇用調整を行う場合、その調整に要した費用を補助する制度です。これにより、従業員の解雇を回避し、雇用の維持を図ることができます。

3. 主な受給要件
雇用調整助成金を受給するには、いくつかの要件を満たす必要があります。例えば、事業の売上高や生産量が一定期間で前年同期比10%以上減少していること、雇用量が一定基準を満たすことなどが挙げられます。

4. 受給額
助成額は、実際に支払った費用に対して一定の割合で支給されます。休業手当や教育訓練費用に対する助成率が適用され、これによって補助金額が計算されます。また、教育訓練を行った場合には特定の条件を満たすと加算があります。

5. 特例適用
特定の条件を満たす場合には、特例的な助成率や支給日数が適用されることがあります。これにより、より効果的に雇用の維持が図られます。
(参考)雇用調整助成金 |厚生労働省

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)は、雇用の創出や求職者の早期就職を促進するために設けられた制度です。

1. 助成内容
トライアル雇用助成金は、求職者が職業経験の不足などで雇用されにくい状況にある場合に、事業主が一定期間のトライアル雇用を提供することで、その期間中の給与の一部を助成する制度です。これにより、求職者が実際の仕事を経験しながら、適性や能力を発揮し、無期雇用につながる可能性が高まります。

2. 主な受給要件
受給するための要件には、助成金を支給する対象となる労働者や雇用の条件が含まれます。具体的には、30時間以上の所定労働時間で無期雇用を希望し、かつトライアル雇用に理解を示し、ハローワークなどに登録している求職者が対象となります。

3. 雇入れの条件
助成金を受けるためには、ハローワークなどの公的機関からの紹介を受けて雇入れを行い、原則として3か月のトライアル雇用を実施する必要があります。また、週の所定労働時間が一定基準を満たすことも求められます。

4. 受給額
助成金の支給期間は最長3か月であり、支給額は月額4万円(特定の条件を満たす場合は5万円)です。ただし、対象者の実際の就労日数に応じて支給額が変動し、月額が増額されることもあります。

5. その他の要件
トライアル雇用期間中に特定の理由により離職した場合や無期雇用への移行があった場合など、支給額の算定に関する詳細な条件が定められています。
(参考)トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)|厚生労働省

印西市外国人介護人材家賃補助金

「印西市外国人介護人材家賃補助金」は、印西市が外国からの介護人材の不足に対応し、必要な介護サービスの提供を促進するために実施している補助金制度です。この補助金制度は、外国人介護職員の家賃を補助することで、介護職員不足の緩和を目指しています。介護事業所を運営する法人は、この補助金を活用して外国人介護職員の採用を支援し、質の高い介護サービスの提供に努めることが期待されています。

補助対象者
市内に所在し、介護保険法に基づく以下の事業所を設置する法人が対象です。
・指定居宅サービス事業所
・指定地域密着型サービス事業所
・介護保険施設
・指定介護予防サービス事業所
・指定地域密着型介護予防サービス事業所

これらの法人で、借家等に居住する外国人介護職員に対して家賃等を手当てする法人が補助対象です。

対象となる外国人介護職員
令和5年4月1日以降に入国し、印西市内の介護事業所で働く者で、以下のいずれかの在留資格を持つ者が対象です。
1. 介護
2. 特定技能(介護分野に限る)
3. 技能実習(介護に関する職種及び作業に限る)
4. 特定活動(経済連携協定に基づく介護福祉士としての研修活動に限る)

補助金額及び補助期間
・法人が手当てした家賃の2分の1以内の額(借家等1戸あたり月額上限25,000円)
・その他の補助制度等からの収入がある場合、その額を控除した後の金額が対象となります。
・補助期間は、一人当たり最大12か月です。

申請方法
・対象となる外国人介護職員の入居後1か月以内に申請書類一式を印西市役所福祉部高齢者福祉課介護保険係へ提出します。
・補助期間が翌年度に及ぶ場合は、翌年度分の申請書類を当該年度の4月末日までに提出します。
(参考)介護施設で新たに外国人介護職員を雇用し、家賃を手当てする法人に補助金を交付します(印西市外国人介護人材家賃補助金) | 印西市ホームページ

産業雇用安定助成金(事業再構築支援コース)

産業雇用安定助成金(事業再構築支援コース)は、新型コロナウイルス感染症の影響やその他の要因により事業活動が一時的に縮小せざるを得ない事業主が、新しい事業への進出や事業再構築を行う際に、必要な新たな人材の雇用を支援する制度です。

1. 助成内容
中小企業が事業再構築補助金の申請条件を満たし、事業再構築のために新たな人材を雇用する場合、その雇用にかかる一部の費用を助成します。これにより、事業再構築のスムーズな進行を支援し、雇用の安定化を図ります。

2. 助成対象
(事業主)
事業再構築補助金の申請書類を提出し、交付決定を受けていることが必要です。この際、「物価高騰対策・回復再生応援枠」や「最低賃金枠」に限定されます。

(労働者)
・雇用保険の一般被保険者または高年齢被保険者であること。
・期間の定めのない労働契約を締結すること。
・事業再構築補助金の補助事業実施期間内に雇用すること。
・雇用契約の解除などが雇用の安定に影響を及ぼさないよう、一定期間の安定した雇用を確保していること。

3. 受給額・助成額
中小企業に対しては、1人当たり280万円の助成金が支給されます。これは2期に分けて支給され、それぞれ140万円ずつです。中小企業以外の事業主には、1人当たり200万円が支給されます。

4. 申請手続き
申請に関する詳細や手続きについては、都道府県労働局やハローワークを通じて行います。必要な書類や申請先の情報は、FAQや公式ウェブサイトで確認できます。
(参考)産業雇用安定助成金(事業再構築支援コース)|厚生労働省

EPA(経済連携協定)による外国人介護福祉士候補者の受入れ支援事業

この事業は、EPA(経済連携協定)に基づいて外国人介護福祉士候補者を受け入れる市内の介護保険施設を運営する法人に対し、受け入れに伴う初期費用の一部を補助するものです。これにより、介護職員の確保と施設の研修体制の充実を図り、将来的な外国人人材受け入れの体制整備を促進することを目的としています。

補助対象者
以下のような市内の施設を運営する法人が対象です。
1. 養護老人ホームまたは特別養護老人ホーム
2. 特定施設入居者生活介護または介護予防特定施設入居者生活介護を行う施設
3. 介護老人保健施設

補助対象事業
市内の施設において、EPA介護福祉士候補者を受け入れる事業が対象となります。この事業は、求人申込み年度(1年目)と受入れ年度(2年目)の2か年にわたるものです。

補助の要件
補助金は次の場合に交付されます:
1. 求人申込み年度にマッチングが成立(内定)した場合
2. 受入れ年度にEPA介護福祉士候補者が就労を開始した場合

補助対象となる経費
受け入れに伴う初期費用(就労開始までに要する費用)のうち、以下の費用が対象となります。
1. 求人申込手数料
2. 現地合同説明会参加費用
3. あっせん手数料
4. 滞在管理費(入国初年度)
5. 送り出し調整機関への手数料および送り出し国の健康診断実施機関への支払い
6. 介護導入研修費用
7. 日本語研修費用の一部負担

ただし、求人申込手数料と現地合同説明会参加費用については1施設あたり2か国分まで、その他の費用については1施設あたり2名分までが補助対象となります。

補助率
対象経費の2分の1が補助されます。


交付申請の方法
交付申請書に必要書類を添付し、以下の日までに介護保険課へ申請します:
1. 求人申込み年度:5月末日
2. 受入れ年度:当該年度において最初に対象経費を支払う日または5月末日のいずれか早い日

各種様式
1. 交付申請書(第1号様式)
2. 事業変更(中止・廃止)申請書(第3号様式)
3. 実績報告書(第4号様式)
4. 消費税及び地方消費税の仕入控除税額報告書(第6号様式)
(参考)EPA(経済連携協定)による外国人介護福祉士候補者の受入れ支援事業|船橋市公式ホームページ

【終了】観光地魅力アップ整備事業補助金

「令和5年度観光地魅力アップ整備事業補助金」は、千葉県において観光地の魅力を向上させるための施設整備に補助金を提供する制度です。

1. 活用目的
・観光地の魅力向上:観光客が利用する観光公衆トイレや駐車場、観光案内板などの施設を整備・改修することで、観光地の魅力を高めます。
・新型コロナウイルス感染症対策**: 感染拡大予防の観点から、トイレの自動水洗化などの対策も補助の対象となります。

2. 補助対象施設
・観光公衆トイレ:観光客が利用するトイレの新築、改修、大規模修繕などが対象です。ユニバーサルデザイン器具の導入なども支援されます。
・駐車場:観光客の利用を目的とした駐車場の設置や拡張が対象です。
・観光案内板:観光地周辺の案内を促進するための案内板や誘導標識が対象です。
・観光案内所:観光地周辺で観光情報を提供するための案内所が対象です。
・照射設備:観光地や名勝・旧跡などを照射するための照明設備が対象です。

3. 補助金額
・実施主体が市町村の場合:補助率は2分の1で、上限額は750万円です。
・実施主体が市町村以外の者の場合:補助率は3分の1で、上限額は400万円です。

4. 申請手続き

・事前協議:市町村からの補助要望に基づき、県の担当者がヒアリングを行います。
・交付申請:採択された場合、必要書類を添付して交付申請書を提出します。
・交付決定:申請内容を審査し、交付決定を行います。
(参考)令和5年度観光地魅力アップ整備事業補助金の活用について/千葉県

【終了】令和5年度「観光コンテンツ高付加価値化促進事業」

「令和5年度観光コンテンツ高付加価値化促進事業」は、千葉県が観光コンテンツの魅力向上を目指して実施している補助金制度です。

1. 目的と背景
「令和5年度観光コンテンツ高付加価値化促進事業」は、千葉県が中長期的な観光需要の拡大を目指し、地域経済の活性化を図るために実施する補助金制度です。この事業では、観光客が訪れたくなるような魅力的な観光コンテンツの開発を支援します。

2. 補助対象事業
この事業では、以下の2つの分野が補助の対象となります。まず、新たな観光コンテンツの開発が挙げられます。これには、地域の観光資源を活用して新しい観光スポットや体験を創造することが含まれます。また、既存の観光コンテンツの改善も支援されます。これは、既存の観光地やイベントをより魅力的にし、訪れる人々の満足度を高めることを目指します。さらに、イベントやプロモーションなど、観光コンテンツに関連するさまざまな活動も対象となります。

3. テーマと補助要件
補助対象事業は、複数のテーマに基づいています。これには、ナイト・モーニングタイムエコノミーの推進、スポーツツーリズム、食文化を活用したツーリズムなどが含まれます。また、補助対象事業は市町村域を越えた広域的な取り組みである必要があり、継続性が見込まれる事業であり、宿泊客の増加や観光消費額の拡大につながることが求められます。

3. 補助金の対象経費
補助金は、主に事業遂行に必要な経費に対して支給されます。ただし、ハード経費は原則対象外であり、必要不可欠な場合に限り一部支給されます。

4. 補助率と予算
対象経費の3分の2以内が補助されます。令和5年度の予算額は1億円であり、審査会を通じて予算の範囲内で補助金額が決定されます。

5. 申請手続きと審査
補助金の申請から受領までの主な流れは、「交付申請書の提出」⇒「審査会による審査」⇒「審査結果を踏まえた交付決定」⇒「事業の実施」⇒「実績報告」⇒「補助金の受領」となります。申請に必要な書類や手続きの詳細は、事業の要項を参照してください。

6. 募集期間と実施対象期間
募集期間は令和6年1月10日から1月29日までであり、実施対象期間は交付決定日から令和7年3月31日までです。ただし、事業の実施は交付決定日以降に開始される必要があります。
(参考)令和5年度「観光コンテンツ高付加価値化促進事業」のご案内/千葉県

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP