コラム

大阪が外国人に人気の理由は?魅力をわかりやすく簡単に解説

大阪は、外国人観光客にとってとても人気のある観光地です。その人気の背後には、多様な要素が存在し、大阪独自の魅力が広く知られています。外国人観光客の訪れは年々増加しており、その数は2019年には1,231万人にも達し、日本全体の観光客数の大部分を占めています。

この記事では、大阪が外国人に人気の理由に焦点を当てて、その魅力について詳しく紹介していきます。大阪の観光スポットやグルメ、アクセスの便利さ、そして外国人にフレンドリーなサービスなど、多彩な要素が大阪の人気を支えています。その魅力に迫りながら、大阪の魅力をより深く探っていきましょう。

大阪に来る訪日外国人観光客

大阪に来る訪日外国人観光客の数は、近年着実に増加しています。大阪府の観光統計調査によると、2015年から2019年までの4年間で、大阪府に訪れる外国人観光客は1.6倍以上に増加し、2019年には1,231万人に達しました。この数字は、日本全体の訪日外国人観光客の約39%を占める規模です。

また、大阪府を訪れる外国人観光客の増加は、中国、韓国、台湾、香港からの観光客が大半を占めています。これらの国々からの観光客が全体の約75%を占めており、特に中国からの旅行者数は560万人を超えています。ただし、韓国からの旅行者数は前年に比べて約33%減少しています。

2024年の目標はさらなる増加であり、1400万人を目指しています。この目標達成に向けて、大阪府ではさまざまな観光施策やプロモーション活動が行われています。

(参考)大阪府/観光統計調査

大阪に住んでいる外国人

近年、大阪府の外国人労働者数は増加傾向にあります。具体的には、大阪府の外国人労働者数は約146,384人であり、そのうち、ベトナム人が最も多く、約36.7%を占めています。この増加は、製造業やサービス業の需要増加に起因しています。

外国人労働者の国籍は、主にベトナム、中国、ネパール、フィリピン、ブラジルなどの国々です。例えば、中国人労働者は約39,703人、ネパール人労働者は増加率が70.7%であり、外国人労働者の多様性が示されています。

在留資格別にみてみると、「専門的・技術的分野の在留資格」が最も多く、全体の34.4%を占めています。産業別に見ると、「製造業」が全体の18.4%を占め、外国人労働者の多くが製造業やサービス業で働いています。

このように、大阪府の外国人労働者は、多様な国籍からなる労働力であり、製造業やサービス業で重要な役割を果たしています。

(参考)大阪労働局における外国人雇用状況の届出状況(令和5年10月末時点)|厚生労働省 大阪労働局

大阪が外国人に人気の理由

大阪が外国人に人気の理由は多岐にわたります。ここからは、大阪の魅力の一端を探りながら、外国人観光客がなぜ大阪を訪れるのか、その理由を詳しく紹介します。

大阪独自の食文化

大阪の食文化は、その独自性と多様性によって外国人に大きな魅力を持っています。お好み焼きやたこ焼きなどの粉もんは、大阪の代表的な料理であり、外国人にも親しまれています。大阪はまた、「くいだおれの街」として知られ、リーズナブルな価格で美味しい食事が楽しめることでも有名です。

アクセスの便利さ

大阪は交通の要衝であり、観光地へのアクセスが非常に便利です。梅田、難波、天王寺などの主要エリアには多くの飲食店やショッピング施設があり、公共交通機関も充実しています。また、隣接する京都や奈良へのアクセスも良好であり、関西地域全体を観光する際の拠点としても便利です。

個性的な街並み

大阪の街並みは個性的であり、その中心には独特の看板が点在しています。お菓子のキャラクターや動くカニなど、ユニークなデザインの看板が多く、観光客の目を引きます。これらの看板は、外国人観光客にとっても興味深い要素の一つです。

外国人フレンドリーなサービスの多さ

大阪では外国人観光客に配慮したさまざまなサービスを提供しています。薬局での外国人対応マニュアルや、多言語での案内看板などがあり、外国人が安心して旅を楽しむことができる環境が整っています。

地元の人々の温かさと交流の機会

大阪の人々は親しみやすく、外国人観光客に対しても温かく歓迎しています。地元の人々との交流は旅の楽しみの一つであり、大阪ではそのような体験が豊富にあります。地元の人々とのふれあいが、大阪旅行の良い思い出となることでしょう。

外国人に人気の大阪の観光スポット

大阪の観光スポットは外国人に大変人気があります。その魅力の一端を探るため、ここからはいくつかの代表的な大阪の観光スポットを紹介します。

道頓堀(Dotombori)

大阪を代表する繁華街であり、外国人観光客にも人気が高い場所です。道頓堀川沿いには巨大な看板やネオンサインが立ち並び、飲食店やショップが軒を連ねています。グリコの看板や道頓堀川に架かる「道頓堀リバーサイドプロムナード」など、多彩な観光スポットがあります。

大阪城(Osaka Castle)

大阪市中央区に位置する大阪城は、大阪のシンボル的存在であり、外国人観光客にも人気があります。歴史的な建造物として知られ、美しい公園や庭園も併設されています。大阪城天守閣からは市街地を一望することができます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(Universal Studios Japan、USJ)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、大阪市此花区にあり、世界的に有名なテーマパークです。ハリウッド映画の世界がリアルに再現されており、数々のアトラクションやショーが楽しめます。ハリーポッターエリアなどが人気です。

新世界(Shinsekai)

大阪の新世界は、昭和初期の雰囲気を残す独特のエリアであり、外国人観光客にも愛されています。通天閣を中心に、レトロな商店街や飲食店が軒を連ね、大阪の伝統的な文化を感じることができます。

天王寺動物園(Tennoji Zoo)

天王寺動物園は、大阪市内に位置する歴史ある動物園です。その特徴は、多彩な動物の展示と希少種の飼育、そして環境保護活動への取り組みにあります。園内では、約200種1000匹の動物が飼育され、アフリカサバンナゾーンやアジアの熱帯雨林ゾーンなど、様々な生息地の再現が行われています。また、絶滅の危機に瀕した動物の展示や保存にも注力しています。

外国人に人気の理由はいくつかあります。まず、天王寺動物園は大阪市内にあり、外国人観光客にとってアクセスが便利な点です。さらに、園内には日本独自の動物や展示があり、外国人にとって興味深い体験ができます。そのため、日本の文化や歴史に触れる機会としても人気があります。また、動物園が環境保護や動物の福祉に取り組んでいる姿勢も外国人に好評で、教育的な要素や環境保護活動に対する関心を引きます。総じて、天王寺動物園は日本の魅力を体験できる場所として外国人に愛されています。

(参考)地方独立行政法人天王寺動物園 | 目指すものは「ひとにも動物にもやさしい」動物園

外国人に人気の大阪グルメ

大阪グルメは、外国人観光客にとても人気です。その多彩なグルメは、視覚的な魅力と味覚的な満足を両立させ、大阪旅行を特別なものにしています。ここからは、外国人に人気の大阪グルメをいくつか紹介していきます。

お好み焼き(Okonomiyaki)

お好み焼きは、関西地方を代表する郷土料理の一つで、小麦粉の生地にキャベツや豚肉、海鮮などの具材を混ぜて鉄板で焼き上げます。その後、ソースやマヨネーズ、青のり、かつお節などで味付けし、お好みでお好み焼きソースをかけて食べます。大阪では、屋台からレストランまでさまざまなスタイルで提供されています。外国人に人気の理由は、見た目や味、食感のユニークさに加えて、お好み焼きの調理過程を楽しめることが挙げられます。

たこ焼き(Takoyaki)

たこ焼きは、小麦粉の生地にたこや天かす、ネギなどを混ぜて特殊な鉄板で焼き上げた球状の料理です。通常、たこ焼きにはソース、マヨネーズ、青のり、かつお節がトッピングされます。たこ焼きは手軽に食べられ、外国人にも親しまれています。街中の屋台や専門店で手軽に食べることができ、その独特の形状と味わいが外国人観光客に人気です。

串カツ(Kushikatsu)

串カツは、肉や野菜を串に刺して衣をつけ、揚げた料理です。一般的にはソースにつけて食べますが、一部の店では塩やカレー粉などの味付けも提供されます。大阪を代表するグルメの一つであり、串カツ専門の店や居酒屋などで楽しむことができます。外国人にとって、串カツは手軽でアットホームな雰囲気の料理として人気があります。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP