コラム

外国人向けの求人はタイトルが重要?応募したくなる求人タイトルの付け方やコツを解説

外国人の採用を検討する際、求人を利用しどのようにアプローチをしたらよいのか悩んでいる企業は多いでしょう。その中でも、まず応募者の目に飛び込む求人タイトルの付け方がわからない人事担当者もいるのではないでしょうか。タイトルは求人の顔ともいえる重要な要素であり、決しておろそかにすることはできません。本記事では、多くの外国人が応募したくなる求人タイトルの付け方を、タイトル作成のコツとともに解説します。

求人タイトルが重要である理由

まずは、求人タイトルの重要性を理解しておきましょう。多くの外国人を募り、その中から企業にマッチした人材を確保したいと考える人事担当者にとっては押さえておきたいポイントとなります。

求人内容をチェックしてもらえる

日本で働きたいと求人をチェックする際、外国人は多くの求人に目を通すでしょう。しかし、詳細な募集要項を一つ一つチェックするのは容易ではありません。日本人でも同様ですが、まずは気になった求人から詳細な内容を確認するはずです。その気になる要素として重要な役割を果たすのがタイトルです。求人サイトで企業をチェックする場合、応募者はタイトルや企業名程度しか記載されていないページを閲覧して選別するケースもあります。そのような求人サイトでも目に留めてもらい募集要項までチェックしてもらうためには、タイトルの工夫が欠かせないのです。

最も印象に残りやすい

タイトルは最も大きな文字や強調されたフォントで記載されることも少なくありません。何よりも説明したように、求職者の目にまず飛び込むのが求人タイトルです。そのため、求人の中でも最も印象に残りやすい箇所といえます。印象に残れば、仕事を探している外国人が複数の求人を応募先として選んだ場合、タイトルが最後の応募の決め手となる可能性も出てきます。これが、インパクトやわかりやすさのある求人タイトルが重要な理由です。

応募したくなる外国人向け求人タイトルの付け方

応募したくなる外国人向け求人タイトルの付け方

では、外国人の求職者が応募したくなる求人タイトルは、どのように作成すればよいのでしょうか。流れも含めて順番にタイトルの付け方を解説していきます。

企業が最も伝えたいことを選定する

最初にするべきは、企業が最も伝えたいことの選定です。待遇を前面に押し出したい企業もあるでしょう。仕事内容ややりがいをアピールしたい企業もあるはずです。雰囲気や人間関係などが魅力の企業もあります。多くの応募者にとって他の企業よりも魅力的な特徴を選び出し、それをタイトルに盛り込むことを意識してみましょう。本当にそれが魅力的であれば、求職者は思わず応募したくなるはずです。

欲しい外国人応募者の特徴を絞り込む

応募してもらいたい外国人の特徴も、大まかにでよいので絞り込む必要があります。誰でもよいという考え方では、印象に残る求人タイトルは作成しづらいでしょう。年齢層や日本にいる理由、働く目的などをイメージし、ある程度ターゲットを絞り込む作業が必要です。企業が最も伝えたいことと、応募してもらいたい人の特徴と照らし合わせながらタイトルに盛り込む内容を決定していく方法がおすすめです。よりメッセージ性が強く、働きたい人に響くタイトルが作成できるのではないでしょうか

表現や伝え方を工夫する

伝えたい内容が同じでも、表現を変えるだけで印象が変わります特に外国人の求職者に向けた求人を作成する際には、言い回しに注意したいところです。漢字ばかりになっていないか、難しい用語を使っていないか、日本語特有の表現になっていないかなどを見直しましょう。例えば「経験不問」の表現を誰もが理解できるとは限りません。「お仕事はすべて教えます」や「はじめてでも大丈夫」などに言い換えるだけでも理解しやすくなるでしょう。

応募数を増やす求人タイトルのコツ

応募数アップに繋げる求人タイトルのコツ

求人タイトルは、さらに工夫をすることで応募者数を増やすことが可能です。外国人が応募したくなる求人タイトルを作成するコツを解説します。

メッセージは詰め込みすぎない

企業をアピールしたい気持ちが強くても、求人タイトルにメッセージを詰め込みすぎてはいけません。求職者の印象に残し応募したい気持ちを掻き立てるためには、シンプルでわかりやすいタイトルをつけるのがコツです。単語のみで伝えられる要素であれば複数のメッセージを並べても構いませんが、長文にはならないように注意しましょう。また、個性の出しすぎにも要注意です。日本人に対してであれば捻ったタイトルでも構いません。しかし、外国人を募るのであれば、他の企業との差別化は意識したいものの個性的すぎるタイトルは避ける必要があります。

外国人応募者の不安要素を取り除く

外国人が抱きがちな不安要素をタイトルで取り除くことも、応募者を増やすコツの一つです。「日本語が上手でなくても仕事ができるか」「従業員たちと仲良くなれるか」「契約は守ってもらえるか」など、外国人求職者の不安要素を払拭する文言をタイトルに盛り込んでみましょう。募集要項に記載することも重要ですが、タイトルでも触れていれば、より安心感と応募したい気持ちが増すはずです。

語りかけや寄り添う表現を意識する

盛り込むメッセージの内容や文言にもよりますが、語りかける形式や応募者に寄り添う表現を意識すると、より応募したくなる求人タイトルに仕上げられるでしょう。一方的に押し付ける表現とはならず、応募を歓迎し受け入れ準備ができているという印象も抱かせられるためです。応募者を誘うような表現を利用したり、あるいは疑問形なども上手に活用したりしながらタイトルを作成することをおすすめします。

具体性を活用するために数字を使う

求人広告のタイトルや内容に具体的な数字を用いることで、求職者に対してより具体的なイメージを与えることができます。例えば、”年間休日120日以上”、”月給25万円以上”、”社員の平均年齢は28歳”など、具体的な数字を用いることで、求職者は自分がその職場でどのような環境や待遇を得られるのかを具体的にイメージすることができます。

また、数字はそのままの意味で受け取られやすいため、誤解を生む余地が少なく、求職者にとって信頼性の高い情報となります。そのため、求人広告に具体的な数字を用いることは、求職者の関心を引き、応募意欲を高める効果があります。

ただし、数字を用いる際には、その数値が現実的であり、また法令等に違反しないことを確認することが重要です。誤った情報を掲載すると、求職者を誤解に導くだけでなく、企業の信頼性を損なう可能性もあります。

求人タイトルの分析と改善

求人タイトルは、求職者が求人広告をクリックするかどうかを決定する最初の要素です。そのため、応募率を上げるためには、求人タイトルの分析と改善が不可欠です。

まず、求人タイトルのパフォーマンスを分析するためには、求人広告のクリック率(CTR)を計測することが重要です。これは、求人広告を見た人々の中で何人が実際にクリックしたかを示す指標で、求人タイトルの魅力度を評価するのに役立ちます。

次に、求人タイトルに使用されているキーワードを分析します。求職者が何を検索しているのか、どのキーワードが求職者の関心を引くのかを理解することで、より効果的なタイトルを作成することができます。

また、A/Bテストを行うことも有効です。異なる求人タイトルを用意し、それぞれのパフォーマンスを比較することで、どのような表現やキーワードが求職者の関心を引くのかを具体的に把握することができます。

これらの分析結果を元に、求人タイトルを改善し、応募率を上げるための戦略を立てます。これには、キーワードの選択、表現の工夫、メッセージの明確化などが含まれます。

最後に、分析と改善は一度きりの活動ではなく、継続的に行うことが重要です。市場の動向、求職者のニーズは常に変化するため、それにして求人タイトルも逐次更新することが求められます。

外国人応募者数アップのための求人タイトルの役割

求人タイトル次第で外国人の応募者数は変わる

外国人をターゲットとした求人を出す際、求人タイトルは非常に重要な役割を担います。本記事を通じて、求人タイトルが外国人の応募者数に大きな影響を及ぼすことが明らかになりました。求人タイトルは、求職者が求人広告をクリックするかどうかを決定する最初の要素であり、その魅力度は応募率に直結します。

外国人向けの求人タイトルを作成する際には、企業が最も伝えたいことを選定し、欲しい応募者の特徴を絞り込むことが重要です。また、表現や伝え方を工夫し、メッセージは詰め込みすぎず、応募者の不安要素を取り除くことも大切です。

具体的な数字を用いることで具体性を活用し、魅力的なキャッチコピーを考えることで求職者の関心を引きます。そして、求人タイトルの分析と改善を継続的に行うことで、応募率を上げることが可能です。

これらの要素を踏まえ、外国人が応募したくなる求人タイトルの作成方法を理解し、適用することで、より多くの外国人からの応募を得ることができます。求人タイトルは、外国人の応募者数を変える力を持っています。応募者に寄り添いながらタイトルを作成し、人材確保へとつなげましょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP