コラム

東京都に住む外国人労働者の特徴

東京都における外国人労働者の存在は、都内の多様性と経済活動の活性化に重要な役割を果たしています。この記事では、市区町村別、在留資格別、国籍別、産業別、および事業所規模別の観点から、東京都に住む外国人労働者の特徴について詳細に分析します。その傾向や地域ごとの特性を把握することで、都内の外国人労働者の雇用実態や多様性について理解を深めることができます。

直近の外国人労働者の傾向

東京都における最近の外国人労働者の傾向は、増加と多様性が際立っています。外国人労働者の数が増えていることは、都内での仕事や経済活動への需要が高まっていることを示しています。また、これらの労働者の出身国も多様化しており、アジアだけでなく米国や欧州からも増加しています。彼・彼女らは建設業、サービス業、医療・介護業、観光業など、様々な分野で活躍しています。

ただし、都心部や郊外、そして島部などの地域によって分布に違いがあります。政府や自治体も、外国人労働者の受け入れや生活支援に力を入れており、言語教育や生活サポートなど、幅広い支援策が提供されています。

【市区町村別】東京都の外国人労働者の特徴

東京都における外国人労働者の地域別分析によれば、区部、市部、そして町村部における外国人労働者の特性が異なることが明らかになっています。

区部の特性

中心部の区部では、多くの外国人労働者が集まり、特に中央区、港区、新宿区などがその代表例です。これらの区域では、中国、韓国、ベトナム、フィリピン、ネパールからの多様な出身国の労働者が多く見られます。

たとえば、新宿区では、全体の43,897人の外国人労働者のうち、中国人が17,240人、韓国人が9,021人、ネパール人が3,183人となっています。このような国際色豊かな環境が、外国人労働者にとって魅力的な場所となっています。

市部の特性

市部では、八王子市、立川市、町田市などの郊外にも多くの外国人労働者が存在します。これらの地域では、手頃な住宅価格や都心へのアクセスの良さが外国人労働者の居住地として人気を集めています。

八王子市では、全体の15,465人の外国人労働者のうち、中国人が5,631人、韓国人が1,832人となっています。立川市や町田市でも同様に外国人労働者が多く見られます。

町村部の特性

町村部では、特に島部において外国人労働者の数が目立ちます。大島支庁や八丈支庁などの島部では、地域の産業や観光業に従事する外国人労働者が見受けられます。

例えば、大島支庁では、全体の152人の外国人労働者のうち、中国人が5人、韓国人が12人となっています。これらの地域では、地域の人口や産業構造に応じた外国人労働者の需要があります。

【在留資格別】東京都の外国人労働者の特徴

東京都に在留している外国人の特徴は多岐にわたります。まず、専門的・技術的な分野における在留資格を持つ外国人に焦点を当てると、中国人が非常に多くを占めています。彼・彼女らは高度なスキルを持ち、専門職や技術職に就いています。韓国人も同様にこのカテゴリーに多く含まれており、日本で技術的な仕事に従事しています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(令和5年 10 月末現在)

また、身分に基づく在留資格を持つ外国人も多く見られます。特にフィリピン、ブラジル、ペルーの国籍の外国人は、永住者や日本人の配偶者などの身分に基づく在留資格を持っていることが一般的です。彼らは日本に永住するために滞在しています。

さらに、資格外活動の一環として、ベトナムやネパールの国籍の外国人が多く見られます。彼らは主に留学生として日本に滞在し、勉学や研究を行っています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(令和5年 10 月末現在)

最後に、G7等の国籍を持つ外国人も専門的な分野で活躍しています。彼らは教育や国際業務などの分野で働いており、その割合は比較的高いです。

これらの特徴は、東京都に在留する外国人の多様性を示しており、彼らが異なる目的や経歴を持っていることがわかります。

【国籍別】東京都の外国人労働者の特徴

東京労働局管内における外国人雇用状況によると、国籍別の外国人労働者の特徴が明らかになっています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(令和5年 10 月末現在)

まず、国籍別の外国人労働者数を見ると、中国が最も多く、172,302人で外国人労働者全体の31.7%を占めています。次いで、ベトナムが83,708人(15.4%)、ネパールが43,935人(8.1%)、韓国が38,885人(7.2%)、フィリピンが38,102人(7.0%)と続きます。これらの国籍から、東京都における外国人労働者の主な出身地が明らかになります。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(令和5年 10 月末現在)

さらに、国籍別・在留資格別の分析から、それぞれの国籍がどのような在留資格を持つ労働者が多いかがわかります。たとえば、中国人労働者の多くが専門的・技術的分野の在留資格を持っており、一方でフィリピンやブラジル、ペルーなどの国籍では身分に基づく在留資格を持つ労働者が多い傾向が見られます。

これらの情報から、東京都における外国人労働者の国籍ごとの在留資格や産業分野への分布が分かり、外国人労働者の雇用実態や傾向を把握する上で重要な指標となります。

【産業別】東京都の外国人労働者の特徴

東京労働局管内の外国人雇用状況を産業別に詳しく見ると、外国人労働者の雇用が最も多いのは「卸売業、小売業」で、これは全体の23.0%を占めています。これには、小売店舗や卸売業者、流通関連の企業などが含まれます。その次に多いのが「宿泊業、飲食サービス業」で、これが全体の19.6%を占めています。ここには、ホテル、レストラン、居酒屋、カフェなどが含まれます。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(令和5年 10 月末現在)

さらに、「情報通信業」が11.8%、「サービス業(他に分類されないもの)」が9.2%、「学術研究、専門・技術サービス業」が8.7%、「建設業」が6.5%と続いています。これらの産業においても、外国人労働者の需要が高いことが示されています。

【事業所規模別】東京都の外国人労働者の特徴

事業所規模別では、「30人未満」の事業所が最も多く、全体の64.9%を占めています。特に、「30人未満」の事業所では前年同期比で5.2%の増加と、最も高い伸び率となっています。次いで、「500人以上」規模の事業所が25.9%、「100〜499人」規模の事業所が18.8%、「30〜99人」規模の事業所が15.3%となっています。

(出典)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ【本文】(令和5年 10 月末現在)

まとめ

東京都に住む外国人労働者の特徴は多岐にわたります。近年の傾向として、外国人労働者の数が増加し、その多様性が際立っています。特に建設業、サービス業、医療・介護業、観光業などで活躍しています。都心部や郊外、島部など地域ごとに異なる分布があり、政府や自治体が支援策を提供しています。

市区町村別では、区部では中央区、港区、新宿区などで中国、韓国、ベトナム、フィリピン、ネパールなどの出身国の労働者が多いです。市部では八王子市、立川市、町田市などでも外国人労働者が増えており、手頃な住宅価格や都心へのアクセスの良さが魅力です。町村部では、大島支庁や八丈支庁などの島部で外国人労働者の需要が見られます。

在留資格別では、専門的・技術的な分野における在留資格を持つ中国人が多く、韓国人も同様です。身分に基づく在留資格を持つ外国人も多く、フィリピン、ブラジル、ペルーの国籍がその例です。ベトナムやネパールの国籍の外国人は留学生として活動しています。G7等の国籍の外国人も専門的な分野で活躍しています。

国籍別では、中国、ベトナム、ネパール、韓国、フィリピンが多く、各国からの外国人労働者の割合が示されています。産業別では、卸売業・小売業が最も多く、次いで宿泊業・飲食サービス業などが続きます。事業所規模別では、30人未満の事業所が最も多く、増加傾向にあります。これらの特徴は、東京都に住む外国人労働者の雇用実態と傾向を示しています。

(参考)東京労働局管内における「外国人雇用状況」の届出状況(令和5年10月末現在)|東京労働局
(参考)外国人人口 令和6年のトップページ|東京都の統計
(参考)外国人雇用状況の届出状況について(報道発表)|厚生労働省

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP