コラム

イタリア人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

イタリア人とのコミュニケーションや効果的なチームワークを築くためには、彼らの文化や性格的な特性を理解することが不可欠です。この記事では、イタリアの基本情報からイタリア人の性格的な特徴まで、幅広く解説していきます。さらに、日本に在留するイタリア人の特徴やビザの種類、一緒に働く際の注意点についても詳しく紹介します。イタリア人との円滑なコミュニケーションや仕事の進め方に役立つ情報を提供しますので、ぜひご一読ください。

イタリアの国としての基本情報

イタリアはヨーロッパ南部に位置する共和制国家であり、正式名称はイタリア共和国(Repubblica Italiana)です。首都はローマであり、公用語はイタリア語です。2020年の人口は約6,000万人で、国土面積は301,340平方キロメートルに及びます。アルプス山脈やアペニン山脈、ポー平野など、多様な地形が特徴です。地方行政区分は20の州と2つの自治市に分かれており、各州はさらに県に分かれています。

政治体制

イタリアは憲法に基づく民主共和制を採用しています。大統領制を採用し、大統領は国家元首であり、議会制民主主義の下で政府が運営されています。議会は2院制であり、下院と上院から成り立っています。

経済

イタリアの経済は多様で、製造業、農業、観光業、ファッション、自動車産業、工業デザイン、航空宇宙産業などが主要産業です。経済的にはG7のメンバーであり、ユーロを通貨として使用しています。観光業も重要な産業の一つであり、イタリアには世界的な観光名所が数多くあります。

文化

イタリアは世界的にも重要な文化の中心地の一つとされています。古代ローマ帝国の中心地として栄え、ルネサンス期には芸術や文化の中心地として繁栄しました。美術、音楽、文学、料理、ファッションなど、多岐にわたる文化的遺産を有しています。イタリアの料理やワイン、美術館、歴史的遺産などは世界中から多くの人々を魅了しています。

教育

イタリアの教育制度は、公立学校と私立学校の両方が存在し、地方自治体が公立学校を管理し、国家が州立学校を管理しています。義務教育は6歳から16歳までで、小学校、中学校、高校の3段階に分かれます。大学教育は高等教育機関で提供され、多くの大学があります。学位は一般的に学士号、修士号、博士号の3段階制で取得されます。また、私立学校や国際学校もあり、特に都市部では多様な教育機会が提供されています。

また、ボローニャ大学は、1088年に設立され、世界でも最も古い大学のひとつとされています。イタリアの内外から学生が集まり、高品質な教育と多様な学問分野での優れたプログラムを提供しています。特に法学、医学、工学、経済学などの分野で知られ、国際的な研究機関との協力や学生交流プログラムが豊富です。ボローニャ大学は、イタリアのみならず世界中から学生を引きつけ、学問の進歩と知識の普及に貢献しています。

日本にいるイタリア人の特徴

まず、身分系ビザを持つ人が最も多く、その数は2,530人です。このカテゴリーには永住者や定住者、配偶者などが含まれます。次に多いのは留学ビザを持つ人々で、その数は932人です。彼らは日本の大学や専門学校で学業を修めています。

さらに、技術・人文知識・国際業務ビザを持つ人々が897人おり、専門的なスキルや知識を活かして日本での仕事に従事しています。最後に、家族滞在ビザを持つ人は251人で、日本に居住する家族と一緒に暮らしています。配偶者や子供たちが日本での生活を送るためにこのビザを取得しています。
(参考)法務省|令和5年6月末現在における在留外国人数について

イタリア人の性格的な特徴

ここからは、一般的なイタリア人の性格的な特徴を詳しく紹介していきます。ただし、イタリア人の文化や性格は多様であり、個人差があることをご理解ください。

熱意ある仕事

イタリア人は情熱的であり、仕事に対する熱意や情熱を持って取り組む傾向があります。彼らは自分の仕事に誇りを持ち、それを最高のものにするために努力します。この情熱は、ビジネス上の課題に対処する際にも現れ、問題解決に取り組む姿勢に影響を与えます。

コミュニケーションスキル

イタリア人はコミュニケーションスキルに優れており、ビジネスの場でも積極的にコミュニケーションを取ります。彼らは会話や議論を通じてアイデアを交換し、ビジネス関係を築きます。また、彼らの明るい性格と親しみやすさが、ビジネスの人間関係を円滑に進めるのに役立ちます。

創造性と柔軟性

イタリア人は創造性に富んでおり、新しいアイデアやアプローチを探求することに興味を持ちます。ビジネスの問題に対する新しい解決策を考え出す能力は、彼らの柔軟性と創造性に基づいています。彼らは変化に対応し、柔軟に状況に適応することができます。

人間関係の重視

イタリア人は人間関係を重視し、ビジネスにおいても信頼と協力を築くことに注力します。彼らはビジネスのパートナーや顧客との関係を大切にし、相手との信頼関係を構築することを重視します。また、彼らは人間関係を通じてビジネスの成功を促進し、長期的なパートナーシップを築きます。

社交性とネットワーキング能力

イタリア人は社交的であり、ビジネスの場でも積極的にネットワーキングを行います。彼らはビジネスイベントや会議で他の専門家と交流し、新しいビジネス機会を見つけるためのネットワークを構築します。彼らの社交的な性格は、ビジネス上の機会を拡大し、新たなビジネスチャンスを開拓するのに役立ちます。

イタリア人と一緒に働く際の注意点

イタリア人と一緒に働く際の注意点は、彼らの文化や性格特性を理解し、円滑なコミュニケーションと協力を築くために役立ちます。ここからは、イタリア人と共に働く職場で、注意すべきポイントを詳しく説明します。

フレンドリーな関係性を築く

イタリア人は人間関係を重視し、仕事環境でも友好的な雰囲気を大切にします。初対面の際には挨拶を交わし、親しみやすい態度を心がけましょう。仕事の合間にコーヒーやランチに誘うことも、チームの一体感を高める上で有効です。

コミュニケーションの重要性を理解する

イタリア人はコミュニケーションを大切にし、情報を共有することでチームの連携を図ります。オープンで率直なコミュニケーションを行い、意見やアイデアを積極的に提案し合うことが求められます。また、ビジネスの進捗や問題点については適切なタイミングで率直に話し合うことが重要です。

柔軟性を持つ

イタリア人の仕事の進め方は、時には予期せぬ変更やアプローチの変更を含む柔軟性が求められます。計画通りに進まない場合でも、柔軟に対応し、新たな解決策を探る姿勢が必要です。

時間の感覚に注意する

イタリアでは時間に対する考え方が日本とは異なります。遅刻や時間の柔軟性が一般的であり、厳密なスケジュールに縛られることを好まない傾向があります。しかし、ビジネスの場では時間を尊重し、約束の時間に遅れないように心がけることが重要です。

感情表現に注意する

イタリア人は感情豊かであり、仕事の場でも感情を表現することがあります。感情的な表現が仕事に影響を与える場合は、冷静に対応し、感情の高ぶりを和らげるよう努めましょう。

自己主張する姿勢を尊重する

イタリア人は自己主張する姿勢が強く、自分の意見やアイデアをはっきりと表明する傾向があります。彼らの意見やアイデアを尊重し、建設的な議論を行うことで、チームの成果を高めることができます。

休憩や休暇を尊重する

イタリア人は仕事とプライベートのバランスを重視し、休憩や休暇を大切にします。仕事中にも定期的な休憩を取り、リフレッシュすることで生産性を高めることができます。また、休暇中は仕事のことを忘れてリラックスし、充実した時間を過ごすことが重要です。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP