コラム

熊本県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめ

この記事では、熊本県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめを詳しく紹介していきます。熊本県で外国人雇用をご検討中の企業様は、ぜひご一読ください。

新規CTA

熊本県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめ

ここからは、熊本県の外国人雇用やインバウンド対策で使える補助金・助成金一覧まとめを詳しく紹介していきます。

台湾インバウンド旅行商品造成・販売支援補助金事業及び台湾インバウンド旅行商品広告支援補助金事業

この補助金は、原油価格高騰等の影響を軽減し、台湾からの誘客を強化するため、台湾からの熊本県内宿泊伴う旅行(熊本旅行)商品を販売する旅行会社に対し、熊本旅行商品の造成・販売及びその広告を支援することを目的としています。

補助対象
・旅行期間は、令和5年(2023年)3月23日(木)出発から令和6年(2024年)3月3日(日)帰着まで。
・補助要件により、熊本県内に有償で2泊以上宿泊する旅行が対象です。

補助額
・造成・販売支援:熊本県内宿泊2泊:6,000円/人、3泊:15,000円/人、4泊:28,000円/人。
・広告支援:最大250,000円。

提出書類
・造成・販売支援の場合、交付申請書、実績報告書、宿泊証明書、請求書が必要です。
・広告支援の場合、申請書、実績報告書、広告の写し、請求書が必要です。

提出先・問合せ先
提出先は、〒862-0950熊本市中央区水前寺6丁目5-19 熊本県庁会議棟1号館3階の公益社団法人熊本県観光連盟です。問い合わせ先は、熊本県観光戦略部観光振興課と公益社団法人熊本県観光連盟です。

(参考)【受付再開】台湾インバウンド旅行商品造成・販売支援補助金事業及び台湾インバウンド旅行商品広告支援補助金事業について | 【公式】熊本県観光サイト もっと、もーっと!くまもっと。

新規CTA

山鹿市インバウンド受入環境整備促進事業補助金

「山鹿市インバウンド受入環境整備促進事業補助金」は、山鹿市が外国人観光客の受け入れ環境を整備するための取り組みを支援するための補助金制度です。具体的には、観光施設や宿泊施設、飲食業施設、旅客運送に係る施設や車両を所有または運営する民間事業者を対象に、Wi-Fiの整備、トイレの洋式化、多言語ホームページの開設、食事メニューの開発など、外国人観光客の受け入れ環境を向上させるための経費の一部を補助する制度です。

補助対象者
山鹿市内に観光施設、宿泊施設、飲食業施設、旅客運送に係る施設および車両を所有または運営する民間事業者が対象です。ただし、公共団体が所有するものは除外されます。また、外国人観光客の受入実績または受入計画を有し、かつ山鹿市税の未納がない者に限ります。

補助対象事業
補助金は、「観光庁補助金併用型」と「市補助金単独型」の2つの類型があります。観光庁補助金併用型では、観光庁が定める補助対象経費の3/4以内(補助金限度額100万円)が補助されます。市補助金単独型では、補助対象経費の1/2以内(補助金限度額100万円)が補助されます。

補助対象期間
補助金交付決定後から令和7年2月28日(金曜日)までの期間が対象とされています。

補助事業の募集期間
令和6年5月8日(水曜日)から令和6年9月30日(月曜日)まで募集されています。ただし、予算の上限に達し次第、受付を終了します。申請前に市への事前相談が必要です。

申請手続きや様式
申請手続きや必要書類、様式などは、山鹿市商工観光部 観光課 観光企画係へ持参または郵送で行います。申請に必要な費用は申請者が負担します。

お問い合わせ先
申請や補助金に関するお問い合わせは、山鹿市商工観光部 観光課 観光企画係に電話またはEメールで行います。
(参考)山鹿市インバウンド受入環境整備促進事業補助金の募集について / 山鹿市

新規CTA

熊本市外国人総合相談プラザの支援事業

家賃が払えない時の相談
・家賃が支払えない場合、代わりに払ってくれる支援があります。
・期間は3か月で、支援を受けるためには、住んでいる地域の社会福祉協議会などに相談が必要です。

収入が減った人への貸付
・仕事がなくなったり、収入が減少した人に対し、お金を貸し付ける支援が提供されています。
・申し込み期限は6月末までで、最大で200,000円まで借りることができます。
・熊本市内に住んでいる人は、熊本市社会福祉協議会(096-322-2331)に、熊本市外に住んでいる人は、居住地の社会福祉協議会に問い合わせてください。
(参考)助成金・給付金情報 / 外国人総合相談プラザ / (一財)熊本市国際交流振興事業団

【終了】令和4年度熊本県外国人技能実習生等入国時待機費用支援補助金

この補助金は、熊本県内の事業者が外国人技能実習生等を海外から受け入れる際に、新型コロナウイルス感染症の水際対策として国から要請された入国後の待機に関する経費を支援することを目的としています。

補助対象者
・県内に所在する事業所において外国人技能実習生等を雇用する法人または個人が対象です。
・対象となる在留資格は、技能実習と特定技能です。ただし、監理団体や登録支援機関は申請できません。

補助対象経費・補助金額
・宿泊費や交通費など、外国人技能実習生等が入国後に要請される待機期間中に発生する経費が対象です。
・補助金額は、補助対象経費の4/5以内で、1事業者あたりの上限は100万円、外国人技能実習生等1人あたりの上限は10万円です。

申請受付期間
令和4年(2022年)5月20日から同年9月30日までです。ただし、予算の執行状況や国の水際対策の延長等により、10月以降に新たな申請受付を行う場合があります。

申請方法
郵送による提出となります。郵送は、簡易書留やレターパックなど申請者が郵便物の到達を確認できる方法で送付してください。

提出書類
交付申請書、誓約書及び同意書、在留資格及び入国日を証する書類、対象者が県内の事業者で雇用する外国人技能実習生等であることを証する書類、補助対象経費の支払証拠書類などが必要です。

申請先・お問合せ先
熊本県中小企業団体中央会の事務局が担当しています。電話番号またはで対応しています。
(参考)令和4年度熊本県外国人技能実習生等入国時待機費用支援補助金<ご案内> |益城町商工会

新規CTA
YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならヨロワーク

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

ヨロワークは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP