ニュース

外国人憤慨「渋谷ハロウィンの規制動画」

昨年、ソウルの梨泰院での悲惨な事件を受けて、約150人が犠牲となったことから、渋谷区の長谷部健区長は渋谷でのハロウィンを制限する大胆な措置を取りました。

2023年10月5日、東京の日本外国特派員協会(FCCJ)で行われた記者会見で、長谷部渋谷区区長は今年のハロウィンを渋谷で祝うことを警告する英語の動画を公開しました。渋谷のハロウィンは国際的に有名で、外国人観光客の日本への入国が初めて解禁される今年のハロウィンでは、大勢の人々が押し寄せることが予想されたため、渋谷区が今年は極端な措置を取るのは理解できることです。しかし、この動画は多くの外国人に違和感を与える結果となってしまいました。

渋谷区が公開したこの動画には、詳細な指示が含まれており、10月27日から11月1日までの間、午後6時から午前5時までの間、渋谷の公共の場での飲酒が禁止されることなどが示されています。動画自体は日本語の字幕付きで価値ある情報を伝えていますが、大きな問題点があります。それは、「意図が伝わらない英語」です。

要するに、この動画は英語を話す視聴者を考慮せずに作成されたものでした。例えば、動画は「STAY AWAY!FROM SHIBUYA」という非常に無礼なメッセージで始まります。「Stay away」は礼儀正しい頼みというよりも命令的なニュアンスが強いです(一方、日本語の字幕は「渋谷から離れよう!」と表記され、英語よりも優しいメッセージで伝えています)。このような状況では、「Avoid」や「Steer clear」といった言葉の方が適切でした。

動画の意図が間違っていなかったとしても、英語を話す視聴者がどのように受け止めるかを考慮していないことが明らかです。実際、多くの外国人が動画で使われている言葉に驚いています。

動画はここからさらに否定的な方向に向かいます。英語で「自分の行動が他人にどう影響するかは選べない」と警告し、「被害者になるか加害者になるかは選べない」と述べています。

重要な情報が説明されていない
日本語の字幕は分かりやすく、過度に警告的な言葉は使用されていません。意図に関係なく、ハロウィンを渋谷で祝うことによって、誰かが怪我をしたり事故を起こしたりする可能性があること、また、危険で制御不能な群集の一部になる可能性も示唆しています。これらの要素は外国人向けの動画で翻訳または説明されていません。

この動画のトピックが軽微であれば、英語の欠如は笑い話になるかもしれません。しかし、この動画は軽んじられることを意図したものではありませんでした。それは外国人に渋谷でのハロウィンの危険性を知らせるためのものであり、要するに命を救うためのものでした。

もし、それが意図であるなら、なぜこの動画の英語が日本語の字幕と同じように礼儀正しく、明確で理解しやすいものにするためのあらゆる努力がなされなかったのでしょうか。

長谷部区長と区役所は外国人の安全性を考慮して記者会見を開くなど、外国人を含む外国税金納入者に対する配慮を示すために手間をかけましたが、このような結果になってしまったのは皮肉なことです。

日本の看板や広告があまり英語を話す人を考慮していないことは、日本では顕著です。なぜなら店の窓に掲げられたサインや看板のほとんどは、理解不能なブロークンな英語で書かれているからです。日本に長く住んでいる英語話者なら、さまざまな看板を見たことがあるでしょう。しかし、それらのほとんどは無害です。

一方今回のケースでは安全性を確保するためにメッセージを伝えなければならなかったという点で異なります。渋谷区がこうした動画を作成したことは賞賛されるべきですが、メッセージが伝わらなかったり、外国人に違和感を与えるだけになるのは非常に残念なことです。

「英語が話せない」は言い訳になりません
長谷部渋谷区区長や渋谷区職員が英語を話さないこと、または日本が英語を話す国ではないことは、動画の不完全な英語を正当化する言い訳にはなりません。日本はすでに国際化に向けて大きな進展を遂げており、海外の観光客や外国籍で日本在住の人口も増えています。したがって、公に重要な情報を伝える際には、その内容が最高水準であることが望ましいです。日本は国際社会の一部であり、東京は国際都市の一つです。したがって、国際社会のリーダーが外国人から協力を求める一方で、そのメッセージが理解されるようにするための努力をほとんどしない場合、どのようなメッセージが伝わると考えるでしょうか。

今後、長谷部渋谷区区長や国が外国人に向けて英語でメッセージを伝える場合、特に今回のような生死に関わる重要なメッセージであれば、対象者の感受性を持つ人々を巻き込み、メッセージの明確さと理解可能性を確認するための努力を強くお勧めします。

(参考)「渋谷ハロウィン」規制動画に外国人が憤慨の訳 大事な意図を伝える努力をしていない残念さ | 街・住まい | 東洋経済オンライン

YOLO総研 編集部 ピロ

この動画の英語表現は、日本人の英語力が低いことを示しているのではないでしょうか?一般公開前にネイティブチェックなどの対策が講じられていなかったのでしょうか?外国人に安全を伝える際には、適切な言語の使用が不可欠ですし、今後はネイティブスピーカーの協力を得て、明確なメッセージを提供するべきです。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP