コラム

Web面接で効率的に外国人採用!重要な注意点や流れを解説。

現代のグローバル化した世界では、企業は世界中から多様な人材を採用することを求められています。リモートワークの普及と高度なコミュニケーション技術の進歩により、外国人候補者とのウェブ面接が一般的かつ便利になっています。外国人に対する効果的なウェブ面接を実施するためには、どうすればよいのでしょうか。今回の記事では外国人採用をする際のWeb面接について解説していきます。

【外国人採用】Web面接のメリット

まずは外国人をウェブ面接で採用するメリットについて説明いたします。

場所や時間に縛られない

ウェブ面接であれば、面接場所や時間にとらわれず、遠隔地の候補者とも簡単に面接をすることができます。更に、結果として面接にかける時間を短縮することができます。

コスト削減

面接のための交通費や宿泊費が不要であるため、コスト削減に繋がります。

外国人候補者へのアクセスの容易化

外国人候補者とのコミュニケーションが容易になるため、多様な人材を採用することが可能になります。

【外国人採用】Web面接のデメリット

まずは外国人をウェブ面接で採用するデメリットについて説明いたします。

テクニカルトラブル

ウェブ面接では、インターネット接続が不安定だったり、カメラやマイクの調子が悪かったりするなど、テクニカルトラブルが起こる可能性があります。また、面接官がパソコンやカメラの操作を行う必要があるため、インターネット関係に不慣れな場合は問題が生じる場合があります。

コミュニケーションの壁

ウェブ面接では、候補者と面接官とのコミュニケーションが困難になる場合があります。特に、言葉の壁がある場合は、候補者の能力を正確に評価することが難しくなることがあります。

面接官の負担

ウェブ面接の場合、画面越しにしか相手の表情や身振りを見ることができないため、面接官が相手の能力を読み取らなければいけない負担が大きくなることがあります。

ウェブ面接のメリットウェブ面接のデメリット
場所や時間に縛られず、遠隔地でも面接可能テクニカルトラブルの可能性
交通費や宿泊費が不要でコスト削減が可能コミュニケーションの壁
外国人候補者へのアクセスが容易面接官の負担が増加

以上のように、ウェブ面接で外国人を採用することにはメリットもデメリットもあります。適切な対策を行い、効果的にウェブ面接を活用することが重要です。次は外国人採用Web面接の際に準備するものについて解説していきます。

外国人採用のウェブ面接の流れや準備事項

【外国人採用】Web面接で準備すべきもの

外国人のウェブ面接のための準備内容には、以下のようなものがあります。

ウェブカメラやマイク、スピーカー等のテクニカル面の確認

ウェブ面接では、ビデオチャットや音声通話を使用します。ウェブカメラやマイク、スピーカーが正常に動作しているかを事前に確認しておくことが重要です。

インターネット環境の確認

ウェブ面接では、インターネットが必要です。インターネット接続が安定しているか、速度が十分かなど、インターネット環境を事前に確認しておくことが望ましいです。

ソフトウェアの確認

ビデオチャットや音声通話に必要なソフトウェアを事前にダウンロードしておくことが必要です。また、必要に応じて、ソフトウェアの設定を行うことが必要です。例)ZOOM Google Meetなど

面接者とのコミュニケーションの確認

面接者とのコミュニケーションには、英語や他の言語での会話が必要になる可能性があります。事前に言語や通訳の必要性を確認し、コミュニケーションをスムーズに行うことが重要です。

以上が、外国人のウェブ面接のための準備内容の例です。準備をしっかりと行うことで、スムーズに面接を行うことができます。

【外国人Web面接】チェックすべき評価ポイント

外国人のウェブ面接において、以下のような評価ポイントがあります。

言語能力

外国人のウェブ面接においては、言語能力が重要な評価ポイントです。日本語の文法や語彙力、発音などを確認することが望ましいです。日本語の能力をある程度図ることができる資格として日本語能力試験があげられます。日本語能力試験については「N1ってどれくらい?日本語能力試験とは」 の記事が参考になります。

職務経験

候補者の職務経験が、採用の決定に大きく関わります。これまでの業務内容や成果、キャリアプランなどを聞き、採用に適した人材かどうかを評価する必要があります。

専門知識

希望職種に必要な専門知識があるかどうかを確認することも重要です。候補者の専門性や技術力が高いほど、採用に有利な要素となります。

コミュニケーション能力

職場でのコミュニケーション能力も、採用において重要な要素です。候補者が自己表現力に優れているか、他者との協調性があるか、コミュニケーションが円滑に行われるかどうかを確認する必要があります。

その他のスキル

求められるスキルに合わせて、候補者の語学力、ITスキル、マネジメント能力、自己成長能力なども評価することが望ましいです。

以上が、外国人のウェブ面接でチェックすべき評価ポイントの例です。企業や職種によって評価ポイントは異なるため、採用の目的に合わせて適切なポイントを設定する必要があります。

外国人をウェブ面接で評価する際のチェックリスト

Web面接からの外国人採用のコツ

外国人のウェブ面接において、以下のようなコツがあります。これらを踏まえて面接を行うことで的確に、そして効率的に採用がすすみます。

事前にテストを行う

ウェブ面接前に、インターネット環境やウェブカメラ、マイクなどの機材が正常に動作しているかどうかを事前にテストしてみる。

インターネット接続の安定性を確保する

インターネット環境が不安定な場合、映像や音声が乱れたり途切れたりすることがあります。可能な限り、安定したインターネット接続を確保することが望ましいです。

言語の選択と通訳の必要性を確認する

外国人とのウェブ面接においては、言語の選択が重要です。また、通訳が必要かどうかを確認し、準備をすることが重要です。

接続不良があった場合の対処法を考えておく

こちら側のインターネット環境を完全に整えていたとしても、相手側のインターネット環境に不備がありうまく面接ができない可能性があります。そのような際は他のソフトウェアを使う、電話にて対応するなどの別の手段も考えておくことも大切です。

Web面接からの外国人採用の注意点

文化的背景の違いに注意する

外国人との面接においては、文化的背景の違いに気をつける必要があります。相手の文化やマナーに敬意を払い、配慮することが望ましいです。

言葉の壁に注意する

外国人とのウェブ面接においては、言葉の壁がある場合があります。候補者の言葉の理解を確認し、会話をスムーズに進めるように心がけましょう。具体的な方法として、説明事項の内容の中で難しい表現が含まれる場合は「やさしい日本語」に直して説明する準備をしておくことも大切です。「やさしい日本語」について詳しく知りたい方は「【具体例付き】外国人を支援するためのやさしい日本語の活用法とは?」の記事が参考になります。

人種差別に注意する

外国人との面接において、人種差別的な言動は絶対に避ける必要があります。候補者との公平なコミュニケーションを心がけ、人格を尊重することが重要です。

以上が、外国人のウェブ面接におけるコツと注意点の例です。ウェブ面接でも、適切な準備と注意をすることで、スムーズな面接を行うことができます。

Web面接後のファローアップ方法

外国人のウェブ面接後のフォローアップには、以下のような具体的な方法があります。

面接の結果を迅速に伝える

面接後は、候補者に対して採用の可否を迅速に伝えることが望ましいです。採用が決定した場合は、契約書の送付や、必要な書類や手続きについて詳細に説明することが必要です。

フィードバックを提供する

面接での評価結果や、改善すべき点などを候補者にフィードバックすることが重要です。候補者にとっても、次回の面接に向けての改善点となります。

メールでのコミュニケーションを行う

面接後は、メールでのコミュニケーションを行うことが望ましいです。面接で話し忘れたことや、追加で質問したいことなどがある場合に、メールで補完的なコミュニケーションを行うことができます。

オンラインでのフォローアップ面談を行う

ウェブ面接後には、オンラインでのフォローアップ面談を行うことが望ましいです。面接時に話しきれなかった内容や、契約書の確認などを行い、候補者とのコミュニケーションを深めることができます。

以上が、外国人のウェブ面接後のフォローアップの例です。候補者とのコミュニケーションを密にし、採用の円滑な進行を図ることが重要です。最後に日本語が流暢でない外国人を面接する際に使える「やさしい日本語」と「英語」の質問集を作りました。ぜひ参考にしてみてください。

やさしいい日本語版 面接質問集

  1. 自己紹介: 「自分のこと、話してください。」
  2. 仕事の経験: 「大事な仕事の経験やプロジェクト、教えてください。」
  3. 言語力: 「英語や他の言語で、話す力を教えてください。」
  4. 適応力: 「違う文化で、どうやってうまくやっていますか?」
  5. 会話力: 「チームで話したり、問題を解決する時、どうしますか?」
  6. やる気: 「うちの会社に、なぜ応募しましたか?この仕事に、なぜ興味がありますか?」
  7. 会社の文化: 「うちの会社の文化や考え方、どう思いますか?どうやって合わせますか?」
  8. リモートワーク: 「家で働く経験はありますか?どうやって効率よく働きますか?」
  9. 専門知識・技能: 「この仕事で大事な知識や技能、どれくらいできますか?どうやって勉強しますか?」
  10. 目標達成: 「今までの仕事で、一番いい成果は何ですか?どうやって達成しましたか?」
  11. チームワーク: 「チームでうまくいった経験、教えてください。あなたは何をしましたか?」
  12. ストレス対処: 「プレッシャーがある時、どうやって大丈夫にしますか?経験で説明してください。」
  13. マネジメントスタイル: 「どんな上司が好きですか?理由も教えてください。」

英語版 面接質問集

  1. Self-introduction: “Please tell me about yourself.”
  2. Work experience: “Tell me about important work experiences or projects.”
  3. Language skills: “Tell me about your ability to speak English and other languages.”
  4. Adaptability: “How do you adapt well in a different culture?”
  5. Communication skills: “How do you communicate and solve problems within a team?”
  6. Motivation: “Why did you apply to our company? Why are you interested in this job?”
  7. Company culture: “What do you think about our company’s culture and values? How do you adapt to them?”
  8. Remote work: “Do you have experience working from home? How do you work efficiently?”
  9. Expertise & skills: “How proficient are you in the knowledge and skills required for this job? How do you study and improve them?”
  10. Goal achievement: “What is your proudest achievement in your career so far? How did you achieve it?”
  11. Teamwork: “Tell me about a successful experience working in a team. What was your role and contribution?”
  12. Stress management: “How do you cope with pressure? Please explain using your experience.”
  13. Preferred management style: “What kind of supervisor do you prefer? Please tell me the reason as well
外国人採用のWeb面接のコツや注意点について

まとめ

外国人採用の際のウェブ面接は、適切な質問と評価ポイントを考慮することで効果的に行うことができます。異文化背景を持つ候補者と円滑なコミュニケーションを図り、お互いに理解し合うことが重要です。企業は、外国人候補者の専門知識、技能、適応力、コミュニケーション能力などを評価することで、自社のニーズに適した人材を見つけることができます。リモートワークの時代を活かし、世界中から優れた人材を採用して、企業の競争力を高めましょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


関連記事

TOP